事業者登録はこちら

ここからはFUNDINNOのサイトです。
直前にご覧いただいていたウェブサイト(当社ホームページ以外)は、当社が作成したものではありません。
また掲載されている感想や評価は、あくまでウェブサイトの作成者が管理するもので、当社によるものではありません。

多くの事業者様に
『集合知』を活用した資金調達を
日本初 株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングとは

非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。1社あたりの年間募集金額の上限は1億円未満、投資家の1社に対する年間投資上限金額を50万円として、株式の発行による資金調達を可能にした新しいサービスです。

1FUNDINNOとは?

日本クラウドキャピタルが運営する 株式投資型クラウドファンディング のプラットフォームです。

2いくらまで調達が可能?

発行会社の皆様はFUNDINNOを通して1年間で最大1億円未満まで調達が可能です。

3審査に必要な期間は?

案件によって異なりますが、通常審査資料をご提出いただいてから1~2ヶ月間かかります。

FUNDINNOの機能について

各デバイスに対応しています。

  • Marketing効果

    FUNDINNOに登録されている投資家だけでなく、一般の方もFUNDINNOにアクセスすることができるので、より多くの方に事業内容を紹介することができます。

  • 企業間ネットワーク構築

    大手企業とのコラボレーションにより、大手企業のサービスを受ける事ができるようになったり、大手企業との連携が実現できる可能性があります。また、FUNDINNOで事業者登録をした事業者間でのビジネスマッチングも可能です。

  • 非上場株式の募集取扱

    非上場株式の発行により資金調達が可能となります。
    インターネットを通じて、日本中の投資家から少額ずつ資金を集める仕組みです。

事業者登録はこちら

FUNDINNOの
メリットとデメリット

FUNDINNOのメリット

FUNDINNOのデメリット

データ分析

※FUNDINNOに、2016年12月5日~2017年5月1日までに投資家登録を完了した投資家のデータに基づき集計したものです。

FUNDINNO Q&A

株主数の増加は管理が大変?

株主が増えることにより株主管理のコストが増えますが、一方で弊社のシステム上でIR情報を発信することができますので、株主管理の事務負担を減らすことも可能です。また、株主に対する情報開示、IR情報の提供を行っていくことで企業価値を高めることに貢献します。FUNDINNOでは、貴社サービスのユーザーに投資をしてもらうことが可能ですので、シナジー効果が期待できます。

企業価値の算定はどうすればいいの?

貴社の事業計画に基づいた企業価値を提示していただく必要があります。
企業価値についてご不明な点がある場合は、弊社でサポートさせていただきますのでご相談ください。

IR情報の開示は月次で行わなければいけませんか?

月次報告につきましては、商品サービスの受注販売状況、開発状況、設備投資の進捗、従業員の状況といった報告事項に加えましてイベント情報やプロモーション、キャンペーンのご案内等の告知情報など経営者様から投資家様へ会社の動向を幅広く発信して頂く事を主目的としております。必ずしも売上高・各段階損益・関連KPIなどの定量的情報を求めるものではございません。 半期及び決算期における報告につきましては、以下の情報開示が必要となります(別途、法定で求められる書類が必要となります)。

手数料について

《審査料》

10万円 + 実費
※ 実費に関しては審査を通過された事業者様は不要

《成約手数料》

3,000万円以下の部分・・・・・・・・ 20%
3,000万円〜6,000万円以下の部分・・ 15%
6,000万円〜1億円未満の部分・・・・ 10%
(例)募集における成約額5,000万円の場合
(3,000万円×20%)+(2,000万円×15%)=成約手数料900万円

《年次システムIR費用》

60万円/年

※ 手数料はおよその目安となります。
※ 年次システムIR費用はFUNDINNO上で資金調達をされた年度は無料となります。
※ 上記手数料等は全て税込みです。

株式の発行による募集の取扱いには、下記の留意点およびリスク等があります。 ● 貴社が株式投資型クラウドファンディングを通じて株式の発行による資金調達を希望されると、当社がその資金使途等についての審査を行います。なお、審査料10万円および実費が掛かりますが、実費については審査に通れば不要です。
● 貴社が、現在反社会的勢力に該当せず、また、将来にわたって該当しないことを表明保証および誓約していただきます。
● 貴社が株式投資型クラウドファンディングを通じて株式の発行による資金調達を行うことができる金額は1年間に1億円未満です。なお、資金調達を行った募集金額の総額の10~20%が手数料として掛かります。
● 募集期間が終了した時点で、目標募集額に達していなければ、当該プロジェクトは不成立になり、貴社が必要とする資金調達ができなくなる可能性があります。
● 応募額が目標募集額に達してプロジェクトが成立しても、払込金額が一部の投資家より振り込まれないことによって資金調達額が目標募集額を下回る場合があります。その場合は、貴社の判断により当該プロジェクトを中止することができます。
● プロジェクトが成立し、当社から貴社に募集代金の総額が振り込まれた後、貴社は株主名簿を作成するとともに、支払われた日から14日以内に株主名簿を当社に提出していただきます。
● 当社サービスを利用して株式を取得した投資家に対して、貴社の事業の状況について、FUNDINNO上で定期的に情報提供を行っていただく必要があります。
● 事業者登録をされる際は利用規約(事業者)および企業情報等取扱約款の内容をご確認ください。



株式会社日本クラウドキャピタル
東京都品川区東五反田5-25-18
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
加入協会:日本証券業協会

事業者登録はこちら